正確なコンパスを携えて。

ひとは誰でも、地図を持っています。 価値観という地図を。 ただそれが、現実に活かせる地図なのかが問題です。
 

カーナビゲーションがあてにならず、結局は自分の判断で行動した経験は、私だけではないでしょう。 この時の判断基準は、方角であり、コンパス(磁石)です。 方角は、「明日から、北はこちらに変わります」 なんてことはないわけですから、、   笑。  
 

 私たちの地図を、この、変わらざる、大いなる天地自然の法則にできるだけ近づけることができたら、 変化いちじるしい現実を、 も少し、あわてず、強く、 生きていけるのではないでしょうか。 現実の見方、とらえ方、 認識が、 私たちの生活を決定してしまいます。 逆に、認識、 見方が変われば、 自分の「在り方」が変わります。
 
このボディーワークの意義は、
 


 正しいコンパスを持つために、 「理にかなう」 こと、つまり 法則を身体をもって体感して、自分のものにする これが目的のひとつです。 ひとが人生に迷った時ほど、 中立な目線で、「立ち返らなければならないこと」は何なのか? きょう、何を口に入れ、どんな思いで食べたのか   この風土に、マッチして生きているか   そういうことが大事です。
 


私たちは、 小自然(小宇宙)。   そして、一刻も休まず、 大自然(大宇宙)と同じ法則で命を営んでいます。

ちょうせい塾

「ちょうせい」は、自分自身で調整する 養生  摂生の意。   命をつかんで、そして離さない。 Vital Energy Body Workをその中心核とし、 身体とこころをとりまとめ、一度きりの人生を 身体の力とその意識圧によって、主体的に切り開き 創造してゆくバイタリティを養うことを 喚起し、案内していくことが、ちょうせい塾の活動目的です。