ひとに眠る意識のチカラ。

一日のほとんどを、ベッドで過ごしている 老人施設の女性を、仕事で訪問しています。 気むずかしく、いつも鬱々していることが多く、話すことも ネガティブな内容が多いんです。 自由に動きまわることが、ままならない状況なので 不満を溜めこんでいるのだと思います。 (いつも治療室で教えている アレを教えてみよう) と思い立って、わたしは、寝ている状態でもできる 「気功的ラジオ体操」をその女性に教えました。 ”気功”などとは言わずに。 身体の動作、そして手順、 回数、 そして一番大事なことは 「意識」なんですよ と 意識の持っていき方を伝えました。 最初にやってもらった時は、顔色も良くなり、 気分も良くなったと言ってました。 気が向いた時にやってください。 と伝え、 その後は 一日に 時間をあけて、三度ほどやっているということです。 ひと月くらい経ちますが、 以前より、笑顔が増えて ネガティブなことをあまり口にしなくなりました。 以前より会話がはずむようになりました。 最近は、 これは 気功的な体操で、自分の意識ひとつで 効果が違ってしまうんですよ と種あかししました。 私自身も仕事の合間に行っているものです。 寝ていても、そうでなくても、できます。 身体の状態をもって、心の状態を導く。 自分自身で。 これが、Vital Energy Body Work です。 ひとの意識の力は、眠っています。 使うか 使わないかは、あなた次第です。 笑 講習コンテンツとして、こんな内容のこともお伝えします。

ちょうせい塾

「ちょうせい」は、自分自身で調整する 養生  摂生の意。   命をつかんで、そして離さない。 Vital Energy Body Workをその中心核とし、 身体とこころをとりまとめ、一度きりの人生を 身体の力とその意識圧によって、主体的に切り開き 創造してゆくバイタリティを養うことを 喚起し、案内していくことが、ちょうせい塾の活動目的です。