皮膚感覚からのインプット。

本日の指導のねらいは、思考を経ずに、身体の感覚から姿勢要項をインプットしていく、でした。
山下俊行 総師範いわく、静でも動でも、 「そこに構造の安定性はあるか」 が重要なこの取り組みです。 構造の安定性、 そして内圧の状態にも影響してくる 骨盤と股関節の姿勢要項に 内合(ないごう)というものがあります。   内合・・・ 股関節、左右の骨盤が、ゴムで巻かれたような圧力を”感じとる”。 行ったのは、実際にゴムを骨盤に巻き、站椿を行い、その感覚を身体に刻むことです。 ゴムを外した後、この感覚はしっかり刻まれたようです。 この感覚は、仙腸関節から腸骨を左右に開いていき 膝が広がり過ぎないための 膝の適度な”締め”につながっていき、 股間の形が鋭角にならないための動作に結びつきます。 鋭角ではどうしていけないのか   実社会の構造物を見ればわかります。 地味な動作ですが、 安定と内圧の質に関わってくる重要な動作であると 私はとらえています。 この大事さは、私自身取り組むなかで後々身に落ちたことで、 その時に真に理解したわけではありません。 指導する立場であっても、 後でしっかり身体で理解してもらえればいい と 思っています。

ちょうせい塾

「ちょうせい」は、自分自身で調整する 養生  摂生の意。   命をつかんで、そして離さない。 Vital Energy Body Workをその中心核とし、 身体とこころをとりまとめ、一度きりの人生を 身体の力とその意識圧によって、主体的に切り開き 創造してゆくバイタリティを養うことを 喚起し、案内していくことが、ちょうせい塾の活動目的です。