自分の軸を確固とする。


昨日のちょうせい塾では、站椿(たんとう)の基本  「平肩 すいとう勢」という立ち方を その姿勢要求の確認とチェックをしながら取り組みました。 取り組み始めた頃は、脚がプルプルしていましたが、ここにきて安定感が出てきました。 そして、時間をとって、 自分の軸について講義しました。 習慣としていただくことが、こちらの求めであり、  続かない方は、 困難に直面した時に 立ち返る場所、  「軸」を自分の中で明確にできていない からだと考えます。 自分の軸は、 自己を中心に置くことではなく、  ここぞという時には 自分さえそれに従うもの   でなければなりません。 自己が中心にくれば、それこそ自己中で、 その時の気分で一貫性のない 姿勢になってしまいます。 自分の最も大切なこと   あり方   信条を  自分に対して はっきりと言い伝えておくことが必要です。 ミッションステートメントというものを、 私自身、幾度となく修正を加えながら いつも”携帯”しています。   これは自分が迷った時、その都度 自分をインスパイア   奮い立たせるものです。 これと、 バイタルエナジーボディーワークで得られる 身体の力(内圧)があいまって、 強く生きていくことができます。   毎回新たな力を 自分の中から生み出すことが できます。 これは、インスタントには書けません。  自分との深い向き合いが必要です。 しかし、このプロセスは実になります。 この軸となる  自分の信条の書き方を 並行してワークしていき、 なぜ行うのか    を明確にしながら 自分で主導権を握って、 人生を切り開いていく力を養っていけるよう 見守っていきます。  

ちょうせい塾

「ちょうせい」は、自分自身で調整する 養生  摂生の意。   命をつかんで、そして離さない。 Vital Energy Body Workをその中心核とし、 身体とこころをとりまとめ、一度きりの人生を 身体の力とその意識圧によって、主体的に切り開き 創造してゆくバイタリティを養うことを 喚起し、案内していくことが、ちょうせい塾の活動目的です。