命のとらえなおし。

この「ワーク」は、自分自身の” いのち ”と向き合う作業。

 


単なる植物とか、動物とか、食物とか、
 


そういうことを超えて、その細胞レベルまで
 








その営みを、まさにニュートラルに「発見」 また「再確認」していく。

 


そうすると、自分自身が、単一に存在しているわけではないことに気づく。

 





分別、差別する感覚から、いのちというとらえかたへと
 


変わっていく。
 










自然と謙虚になり、
 




ひとを殺めるなどということは、微塵も考えなくなる。

ちょうせい塾

「ちょうせい」は、自分自身で調整する 養生  摂生の意。   命をつかんで、そして離さない。 Vital Energy Body Workをその中心核とし、 身体とこころをとりまとめ、一度きりの人生を 身体の力とその意識圧によって、主体的に切り開き 創造してゆくバイタリティを養うことを 喚起し、案内していくことが、ちょうせい塾の活動目的です。