くびの調整

私たちの首は、頭を支える 柱 であり、

 

神経的には中枢と末梢をつなぐ 橋 であり、

 

呼吸やエネルギーを運ぶ 水路 の役割を果たしています。
 




自律神経とも深く関わり、目の潤い(涙腺)
遠近調節(レンズの厚さ調節)

だ液の分泌 などにも影響を与えています。
 


  


柱としては、安定した状態を保ちたい。
 


橋、水路としては、「連絡ごと」の行き来が正常に働かなくてはいけない。
 


橋の交通が滞っていれば、身体(体幹)への連絡が

スムーズにいかないでしょう。

 


また、血液の流れ、酸素の供給を考えても

首の状態が、身体全体、ひいては心の向きにも

 
影響するかと思います。
 

 



これらをふまえた上で、
 
機能が健全に働くように、
 

筋肉や関節に無理なくアプローチし、

 



調整を施すものです。
 




(第二頚椎を重要視した独自の調整を行っています。身体全体の施術を行った上で首の調整を行います。)
 






ひだまり長生(ちょうせい)治療院
 







くわしくは、下記のサイトをご覧ください。